装備について

 

〜服装〜
                     概  要

 

帽子 日除け用として使用。また日射病防止やケガを最少に防いでくれるものなのでバンダナや手拭いなどでも良い。体温は頭部から多く発散されるので冬の寒い季節は防寒用の帽子が必要。

無雪期 ◎

積雪期 ◎

手袋 軍手などケガの保護に。季節や天候によっては化繊もので保温性の高い手袋を合わせ持つと良い。

無雪期 ◎

積雪期 ◎

マウンテンジャケット&パンツ 厳冬期の雪山でのアウターとして使用。ゴアテックスなど防水性と高い透湿性を持った雪山対応素材。

積雪期 ◎

フリース 基本的には保温性が高く、気温の急激な変化に対応するため主に防寒着として使用。軽く暖かく速乾素材としてポリエステル製のものが良い。

無雪期 ◎

積雪期 ◎

襟付き長袖シャツ

吸汗・速乾性素材のもので夏場暑い時期は通気性に優れ涼しく、晩秋から冬の寒い季節はウールなど保温性のあるものが良い。綿100%のものは避けた方が良い。

無雪期 ◎

積雪期 ◎

半袖シャツ
(速乾性のTシャツなど)
吸汗・速乾性素材のもので、下着に替えてTシャツでも良い。綿100%のものは避けた方が良い。

無雪期 ○

積雪期 ○

ズボン(パンツ) 吸汗・速乾性素材で伸縮性のある動き易いものが良い。春夏の暑い時期は通気性と透湿性に優れ、晩秋から冬用のパンツは伸縮性に加え保温性を併せ持つタイプが良い。綿100%のジーパンなどは避けた方が良い。

 

無雪期 ◎

 

機能性アンダーウェアー 筋肉の動きをサポートし各部位の筋肉疲労や負担を軽減する効果があり吸汗・速乾性に優れている。

無雪期 ○

積雪期 ○

アンダーウェアー (下着) 吸汗・速乾性に優れているものが良い。綿100%のものは汗などで濡れると乾きが極めて遅く体温の低下に伴い体力を奪うため極力避けた方が良い。

無雪期 ◎

積雪期 ◎

スパッツ 無雪期においては靴に小石の浸入を防ぎ、雨天時の濡れや裾の汚れ防止となる。雨の多い屋久島では特に有効。積雪期は雪の浸入を防ぎ、防水保温効果がある。

無雪期 ○

積雪期 ◎

ソックス 吸汗・速乾性に優れ、靴ズレ防止にもなるので厚手のものをオススメします。

無雪期 ◎

積雪期 ◎

登山靴
(トレッキングシューズ)

無雪期:ゴアテックスなど防水・透湿性の素材おオススメします。捻挫防止のためにもハイカットタイプが良いでしょう。

積雪期:防水性、保温性に優れた厳冬期の雪山対応モデルの登山靴。

無雪期 ◎

積雪期 ◎

〜持ち物〜
                     概  要  
レインウェアー(雨具) ゴアテックスなど高い防水性と透湿性に優れた素材で、上下分かれているセパレートタイプの物が良い。風や寒さ対策として最良の防寒着にもなる為、山などアウトドアーでは必須のアイテムです。ビニールガッパはむれやすく汗で濡れてしまう為不適(特に雨の多い屋久島の山では厳しい)    
ザック(バックパック) 持ち物がすべて入り若干の余裕がある位のサイズとして@日帰りの場合20〜30g A山小屋またはテント泊の場合40〜50g位のものがオススメです。     ◎   
ザックカバー 雨天時にザックに被せて濡れを防いでくれるもの。しかしザックは完全防水ではなくザックカバーをしていても雨の降り方によっては中に滲みてくる場合がありますので濡れて困る物は事前に防水処置が必要です。    ○
ヘッドライト 様々な種類がありますがLEDの軽量でコンパクトのものがオススメです。万が一に備えて日帰りの場合もご持参下さい。(日帰りの場合は小さなペンライトでも可)    
水筒

個人差はありますが最低1g程度はご用意下さい。トイレなど気になる方もおられるでしょうが水分補給は必ず行うようにして下さい。500ミリリットルのペットボトルや保冷保温のステンレス製タイプのものなど、冷たいものと暖かいものがあると良い。季節や天候によってご判断下さい。ハイドレーションなら行動中も吸水が可能。

   
お弁当 当日の朝こちらからお渡し致します。食物アレルギーのある方は事前にご連絡下さい。    
行動食 休憩の際に飲料水とあわせて塩分や糖分を補給することをおすすめします。火など使わず調理不要のもので季節や天候など考慮してお好きな食べ物をご用意下さい。例)アメ、チョコレート、ゼリー、かりんとう、ナッツ類、など塩分糖分をバランスよくご用意下さい。    
ストック&ステッキ バランスを崩した時の補助や安定性を高め、登り下りの多い山道では特にヒザへの負担を軽減し、脚力を補うことが出来ます。    ○
タオル 化学繊維の吸汗速乾性素材がオススメですが普通の綿製品でも構いません。    ○
救急用品 すり傷程度の簡単なファーストエイドとしてバンドエイドやぬり薬。    ○
日焼け止めクリーム 紫外線対策として普段使い慣れているもの。季節や天候によって異なりますが山では特に標高が高いため予想以上に紫外線が強いので比較的汗に強いものをオススメします。    ○
ビニール袋
雨天の場合などは特に防水対策として濡れては困るものをパッキングして下さい。ごみ袋としても数枚あると便利です。    ○
トイレットペーパー 使いかけのものなど適量をお持ち下さい。1泊2日以上のコースでは食事の際に食器を拭いたりするので1ロール位はあった方が良いかも知れません。    
敷物 休憩の際にあると便利。軽く、かさばらないものが良い。    ○
保険証のコピー 携帯されることをオススメします    ○
〜1泊2日以上の山小屋またはテント泊〜
                      概  要  
シュラフ (寝袋) 素材は化学繊維とダウン(羽毛)を使用したものがあり、多少高価ではあるが保温性に優れ軽量でコンパクトなサイズのダウン製がベター。適合範囲については季節によって変わりますので不安な場合はお問い合わせ下さい。    
シュラフカバー 併用することによって保温性が増し、濡れや汚れなどからシュラフを守ってくれます。    ○
シュラフマット 寝る際に下に敷くロールマット 特にテント泊では地面の違和感を和らげ寝心地を良くしてくれる効果があります。またシュラフの保温性能を発揮させる為の断熱材の役割をしてくれるものなのでマットは欠かせません。エアーマットでも良い。    
食器セット(はし、スプーン、フォークなど含む) 特に規定はありませんが主にキャンプなどアウトドアーで使う器です。取っ手が付いた大小2つのカップと皿として使用できるフタが付いた食器セットで重ねて収納でき便利です。チタン製が軽くておすすめですがアルミ、ステンレス、ポリプロピレン製でも良い。    
マグカップ 朝、夜のお茶用、ティータイム用に。チタン製が軽くておすすめですがアルミ、ステンレス、プラスチック製でも良い。    ○
必要なもの     ◎
あれば便利なもの  ○
必要なもの     ◎
あれば便利なもの  ○
必要なもの     ◎
あれば便利なもの  ○
※登山、デイハイキングなどの際、快適性を大きく左右するのがウェアです。吸汗・速乾性、防水・透湿性に優れたウェアを揃え重ね着を基本にして行動すれば常に快適性を保つことが出来ます。

※基本的に服装、特に下着などは綿製品を避け速乾性に優れている化学繊維のものがベターです。 装備についてはレンタル出来る物もありますし購入の場合はアドバイスいたしますのでお気軽にご連絡下さい。

※素材の名称や内容、機能性などについてはメーカーによって多少は異なります。

※極力軽量化に努めて下さい。
HOMEへ
HOME 登山コース 森のトレッキングコース 沢登り
リバー&シーカヤックツアー シュノーケリング ごあいさつ ガイド紹介
装備について お申し込み方法 個人情報保護方針 自然塾 光