ごあいさつ
HOMEへ

世界遺産の島
屋久島へようこそ


屋久島は九州本島最南端佐多岬の南60kmに浮かぶ日本で5番目に大きな島でその生態系から洋上のアルプスとも呼ばれています。
島の中央には九州最高峰である宮之浦岳(1935m)を筆頭に2000m近い山々が連なっており、これらを総称して奥岳と呼んでいますが同じ島の中だけでも天候が極地的に違うといったこともよくある大変興味深い島です。また、厳冬期の奥岳は積雪1mを越えるほどの、 まるで日本列島を凝縮したような特異な島です。
山の中腹では縄文杉など1000年を越える屋久杉の原生林や森全体がコケで覆われた「もののけの森」。花崗岩の島から流れるエメラルドグリーンの清らかな川。そして美しい珊瑚や数多くの海洋生物が生息するコバルトブルーの海。
訪れる人を惹きつけてやまない屋久島の山、川、海・・・遊びのフィールドは尽きることがありませんが、水の島、屋久島では特に沢の素晴らしさ、その美しさに心奪われることでしょう。

『屋久島冒険学校』では屋久杉をはじめ大自然の色濃く残る屋久島の中でも人があまり足を踏み入れない清らかな沢や山を中心に奥深い自然に入って行き、まずは出来る限り自由なかたちで共に楽しんでいく事を第一に考えています。そしてこの島の風土や文化を理解しながら自然の中での体験を通して小さな気づきや様々な感動が自分自身を成長させてくれる「希望の場」であると願っています。

HOME 登山コース 森のトレッキングコース 沢登り
リバー&シーカヤックツアー シュノーケリング ごあいさつ ガイド紹介
装備について お申し込み方法 個人情報保護方針 自然塾 光